> 

に関する説明

痔【概要】

は三人に一人がかかっており、「国民病」といわれるほど多い病気です。痔には「いぼ痔」と「切れ痔」と「痔ろう」の三種類があります。

痔の症状

●いぼ痔
いぼ痔は、痔の中で最も多く、半数以上を占めています。

排便時の力みや長時間座っている、重いものを持つなどで、肛門に負担がかかると、肛門の静脈血の流れが悪くなりこぶ状に膨らみます。これがいぼ痔で、だんだん大きくなり、出血したり、肛門の外へ脱出したりします。最初のうちは自然に戻り、手で戻すこともできますが、進行すると戻らなくなってしまいます。

これに細菌が感染すると、座ることも歩くこともできないほど激しい痛みを伴うようになります。早期であれば、日常生活上の注意を守り、坐薬や軟膏で改善しますが、進行すると手術療法が必要となってしまいます。

●切れ痔
切れ痔は、硬い便や下痢などの刺激で肛門の皮膚が切れて、痛みや出血の起こる病気です。初期のうちなら、坐薬や軟膏で治りますが、病状が進行した場合や、再発を繰り返す場合には手術が必要となります。

●痔ろう
痔ろうは、直腸と肛門の境にある粘液を分泌する肛門腺に、下痢などがきっかけとなり、細菌が侵入することにより、肛門周囲にうみがたまり、うみの通り道ができ、激しい痛みの現れる病気です。

痔ろうは再発を繰り返すことが多く、また、ガンが発生することがあるので、肛門線とうみの通り道を切除する必要があります。

痔の原因

痔の原因としては主に「便秘」や「下痢」、また長時間椅子に座ることなどによって「肛門の血流が悪くなる」ことがあります。特に慢性的な便秘は痔の原因になることが多くあります。

便秘の場合はいぼ痔や切れ痔の原因になり、下痢は切れ痔や痔ろうの原因になります。また「肛門の血流が悪くなる」のはいぼ痔の原因になったりします。

これらの原因からくる症状は肛門の血管が詰まる、肛門の皮膚が切れる、肛門線に細菌が侵入するといったことが主ですが、このような症状が発生するのは以下の要因があります。

  • 肛門は排便のために複雑な動きをしていて、安静が保たれにくい
  • 肛門の粘膜の下はまばらな組織と網の目のように群がる静脈からできていて、血液の流れが悪くなると静脈が拡張してこぶになりやすい
  • 肛門の粘膜は便や異物で傷つきやすい

痔の予防・改善

痔を予防する上で特に重要な点は、食生活を見直して便通を整えることと、正しい排便習慣を守ることです。

●痔を予防する食生活
食生活の心掛けとして、水分や食物繊維を多く取る必要があります。水分としてお茶やコーヒーをよく飲んでいるという人がいますが、これらには利尿効果があり、水分が尿として出てしまい、腸の中の水分を増やす効果が少ないのでおすすめできません。水や牛乳を飲むほうが便秘解消には効果的です。

食物繊維としては、野菜や果物、芋、穀、豆、キノコ、海藻類などを取るように心掛けてください。香辛料は体内に吸収されず、便の中に排泄され、肛門を刺激するのでよくありません。

アルコールは肛門の血管を広げることにより痔を大きくしますので、取り過ぎに注意する必要があります。

腸内細菌であるビフィズス菌の低下により異常発酵が起こり便秘になりますので、これを防ぐために、発酵食品やビフィズス菌を増やす手助けとなる玉ネギやビタミンを取ることをおすすめします。また、オリーブ油なども健を柔らかくする働きがあります。

●痔を予防する排便週間
排便時の心掛けとして、雑誌を読みながらなどの長時間は控え短時間ですますこと、力まないこと、温水洗浄便座で十分洗浄・乾燥し紙で強くこすらないこと、排便前に洗浄液で肛門をマッサージして排便を促すことなどがあげられます。

排便後に肛門を締めたり凄めたりする「肛門体操」も痔の予防になります。

起床したらすぐ冷水や牛乳を飲み、朝食後必ずトイレに行くなどの排便習慣を身に付けることも大事ですが、これが無理なときには、便意を催したらすぐトイレに行くという習慣だけは守る必要があります。

食生活や排便習慣の他、入浴は全身の血行をよくし、ストレスも解消しますので、痔の予防には欠かせないものです。ストレスは、腸の動きに関係していますので、これを解消することも痔の予防には必要です。

運動は全身の血行や腸の動きをよくし、便秘やストレスを解消しますので、運動の習慣をつけることも大事です。排便には全身の筋肉、特に腹筋が大きくかかわっていますので、腹筋を鍛える必要があります。長時間の立位や座位も避ける必要があります。

痔の治療

恥ずかしさなどの理由で、痔があると思っても我慢してしまい、数年経って病状が進行して、初めて病院に行くという人が多いようです。

初期なら手術の必要もなく、外用薬だけで改善することが多いこと、出血が痔のせいだと思っていたら痔以外の痛気、例えば大腸がんであったということがあることから考えますと、痔の症状を自覚したらできるだけ早く医療機関を受診するのが得策です。

痔に効果があると思われる食品成分

痔に効果があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

□痔に効果があると思われるビタミンCを含む食品
菊花(キクカ) / エルダーベリー / サンザシ / 杜仲茶 / コンフリー / ハム / ベーコン / ・・・もっと見る
□痔に効果があると思われるビタミンEを含む食品
バター / 豆苗 / ひまわり油 / アボカドオイル(アボカド油) / プラセンタ / 菊(食用菊) / オリーブオイル / ・・・もっと見る
□痔に効果があると思われるビタミンKを含む食品
バター / 豆苗 / 大麦若葉 / 綿実油 / 落花生油 / 三つ葉(ミツバ) / パセリ / ・・・もっと見る
■痔についてもっと調べる
下の検索フォームに痔について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「痔 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加